夕方になると髪がベタつく…原因は何!?これをすれば改善する!対処法5つ!

朝は髪もサラサラで良い気分だったのに、

夕方になるとベタベタでぺちゃんこ…

髪の毛のベタつきで毎日悩まされていませんか?

 

私は小学生の頃から20年近く、ずっと悩んできました。

夕方になると前髪がベチャベチャになるため、デートや飲み会など、大事なお誘いほど行けなくなってしまったり。

『前髪だけワックスつけてる?』なんて言われたこともあり、つけてないよと言った時の相手の絶妙な顔が今でも忘れられません。笑

 

髪のベタベタは、不潔そうなイメージを持たれるため、周囲の目が気になってしまいますよね(*_*)

日常生活も思うように楽しめず、いつも夜になると髪が気になって…。

 

そんな私が学んだ髪のベタつきの原因や、間違ったヘアケア、そして1日中サラサラヘアになった改善法についてご紹介します!

Suponsored Links

夕方の頭皮のベタつきにはこんな原因があった!?

毎日頭を洗って清潔にしているはずなのに何故かべたつきが…。

そしてベタつきだけでなく、かゆみやニオイ、フケや頭ニキビなどさまざまなトラブルも。

 

何が原因で頭皮トラブルが引き起こされているのでしょうか?

 

1.皮脂の洗い残し、過剰分泌

頭皮には、身体のどの部位よりも皮脂腺が多いといわれています。

 

1日の汚れや皮脂、整髪剤をしっかり洗い流せていないことや、過剰に皮脂が分泌されている状態では、

毛穴にこれらの脂が溜まって酸化し、嫌な臭いや頭皮のベタつが発生します。

 

皮脂は悪者の様に思えますが、皮脂は本来、頭皮の乾燥を防ぎ、健康な状態を保つという大切な役割を果たしています。

皮脂が過剰に分泌しないよう、皮脂バランスを整えることが重要です。

 

2.雑菌の繁殖

雑菌は、人間の体温くらいの暖かく湿った場所を好みます。

 

洗った髪を自然乾燥させる事は絶対にNGです!

生乾きの洗濯物や、濡れて放置したぞうきんと同じ様な状態で過ごしていると、

雑菌の繁殖により、頭皮環境は最悪な状態に…

 

3.過剰な洗髪、シャンプーの種類

頭皮をいつも清潔にするために、しっかり洗わないと!

と、必要以上に頭皮をゴシゴシこすったり、1日に何度も洗髪したりというのは、逆効果です。

 

これらは頭皮にダメージを与え、乾燥の原因となります。

乾燥は過剰皮脂分泌の誘発へと繋がるため、頭皮トラブルを悪化させてしまいます。

 

また、普段使用しているシャンプーに原因がある場合も。

シャンプーの成分はさまざまですが、洗浄力の強いものは乾燥を引き起こします。

 

4.食生活の乱れ

食生活は、頭皮のべたつき、ニオイの原因に大きく関係しています。

動物性たんぱく質や脂肪といった油っこいものを多く食べる人は注意が必要です。

 

外国人の人は体臭がきついとよく聞きますが、

最近では昔に比べて日本人も油っこい物を食べる事が多く、

体臭がキツイ人も増えています。

 

おいしいから食べたくなる油っこい食べ物は、皮脂分泌を過剰にしてしまうので注意が必要です。

 

5.その他

他にも、頭皮トラブルを引き起こす原因は様々です。

 

遺伝や体質も考えられますし、日常のストレス、紫外線なども原因の1つになります。

 

そして、朝シャンもNG行為です。

夜に1日の汚れを落とさないまま寝てしまうと、頭皮の肌サイクルが乱れてしまいます。

 

一日中サラサラ髪へ!頭のベタつきを改善する方法5つ

私が1日中ずっと快適な頭皮環境を維持することができるようになった、簡単な改善方法をお教えします。

 

1.シャンプーを変える

オススメなのは、アミノ酸系のものや、オーガニックのシャンプーです。

うるおい成分が配合されたものや自然由来のものは、頭皮に優しく、日々の保湿をしっかりと行うことができ、皮脂の過剰分泌が抑えられます。

 

ドラッグストアなどで売っている安いものには、アルコール系が多く、洗浄力が強いため、皮脂の分泌をひどくしてしまいます。

ネットなどで成分のいいものを使ってみてください。数か月で頭皮環境は変わっていますよ。

 

私が実際使ってみて、良いと思ったものはコチラです↓

 

2.シャンプーをしっかりすすぐ

シャワーで髪の毛を洗った後、すすぎに時間をかけない人は多いと思います。

 

シャンプー剤は、大量に使わなくてもしっかり汚れを落としてくれていますが、

すすぎこそしっかりと行わないと頭皮に付いたシャンプー剤は落ちておらず、それが毛穴に残りベタつきを発生させてしまいます。

すすぎは3分以上必要ということを覚えて実践していきましょう。

 

3.きちんと乾かす(タオルドライ+ドライヤー)

濡れた状態での放置は一番良くないNG行動です。

タオルで水気を拭き取るだけでなく、ドライヤーは必ず使いましょう。

 

【ドライヤーの使用ポイント】

  • 頭に近づけ過ぎない(30センチ以上離して使う)
  • まずは頭皮を重点に乾かし、その後髪を乾かす
  • 温風で乾かし、最後に冷風を当てる(例えば温風7分の後は、冷風3分を当てるなど、割合を7:3にする)

 

4.生活習慣を見直す

偏った食生活や自律神経の乱れは

頭皮トラブルだけでなく、体に様々な悪影響を引き起こします。

外食の頻度や日頃のストレス、そして寝不足といった生活習慣を見直しましょう。

 

5.ベビーパウダーの使用

赤ちゃんに昔から使用されているベビーパウダーは、最近口コミでも人気だそうで。

大人になっても肌のお手入れにも使えて便利な魔法の粉なんです。笑

 

頭皮にも良い理由は、ベビーパウダーの成分にありました。

ベビーパウダーに含まれる成分のコーンスターチ、タルクは余計な水分や油分を吸収します。

そして乾燥を防ぐための保湿もしっかりと行ってくれるので、

頭皮の様に皮脂が多く存在する部位にはしっかり効果を発揮してくれます。

 

【ベビーパウダーの使い方】

  • 初めに、髪の毛をブラッシング
  • ベビーパウダー小さじ1杯を手の平に広げる
  • 指の腹で頭皮へ馴染ませる
  • 粉っぽさが消えるまでブラッシング
  • 最後は乾いたタオルで拭き取る(濡れタオルは効果を半減させるのでNG)

 

さいごに

頭皮トラブルの対処法を5つご紹介しました。

しっかり継続し実践する事で、毎日悩んでいたベタつきはいつの間にか改善されているはずです。

 

基本、1日に何度も頭を洗う事はよくありません。

しかし、どうしても1回以上、頭を洗う事がある人には、ドライシャンプーを使用してみるのもいいでしょう。

 

ドライシャンプーは、お風に入れない時に使用する、水を使わないシャンプーです。

携帯し、外出先で簡単に使うことができます。

 

スプレータイプやパウダータイプ、シートタイプなど数種類あり、

頻繁な洗髪による髪へのダメージを抑えることができます。

 

私はこれを使っていますが、

一瞬でサラサラになります。

スポンサードリンク

 

『女性は髪が命』と昔から言われるように、

1日中キレイな髪でいたいですよね(^^♪

シェアする