【虫歯予防】チーズで虫歯が防げる!?意外な効果とおすすめの食べ方!

キシリトール配合のガムが、虫歯の予防になることは広く知られていると思います。

ですが、もっと意外な食品がそれ以上の効果を期待できるということをご存知でしょうか?

 

それはなんと、「チーズ」なんです!!

 

今回は、WHO(世界保健機関)も虫歯予防として認めている『ハードチーズ』についてお話します!

チーズ

ハードチーズって!?

チーズには多くの種類がありますよね。

その中でも水分量が少なく(38%以下)、重量のあるチーズは「ハードタイプ」のチーズに分類されます。

熟成期間が長くて、6か月~10か月ほどじっくり寝かせるため、硬く濃厚なチーズとなります。

 

有名なものとしては、チェダーやパルミジャーノ、ラクレットなどがこのハードチーズにあたります。

 

ハードチーズが虫歯を予防するしくみ

食事によって口内は酸性が強くなります。

それにより歯のエナメル質が溶け、菌などからの刺激を受けやすくなり、虫歯が引き起こされます。

虫歯ができにくい環境に戻すには、アルカリ性によって口内を中和し、中性にすることが必要です。

 

普通、口内が中性に戻るには、食後40分ほどかかるそうですが、ハードチーズは口内のアルカリ性を強めてくれます。

また、リン酸カルシウムという成分が含まれており、歯の表面に保護膜をつくり、エナメル質が溶けるのを防いでくれるそうなんです!

 

ハードチーズで虫歯を予防するには?

ハードチーズはスープやパスタ、サラダなどさまざまな料理で楽しめるチーズですが、

虫歯を予防する目的では、そのまま食べるのが望ましいです。

 

食後に3口程度を、よく噛んで食べることがいいといわれています。

よく噛み、チーズの成分と唾液がしっかり混ざり口内全体に行きわたるようにしてみてください。

 

習慣として、食後に少量のチーズを食べられるようになるといいかもしれませんね(^^)/

Suponsored Links

さいごに

チーズによって虫歯を防ぐことができるという話をお伝えしました。

やわらかいチーズや、他の乳製品(牛乳やヨーグルトなど)には虫歯予防の効果がないそうなので、ハードチーズをそのまま噛んで食べるということを意識してください。

また、完全に虫歯がなくなる!という保証もないので、いつも通り歯磨きなどはしっかりやっていきましょうね♪

 

ちなみに、歯磨きは食後すぐにしてはいけないって知ってましたか!?

くわしくはコチラをご覧ください( `ー´)

シェアする