free web hit counter

歯磨きのしすぎはいけないって本当!?理想的な回数やタイミング、時間の長さは?

毎日歯磨きをしているのに、なぜか虫歯が出来たり歯周病になったり。

そんな口内トラブルに悩まされていませんか?

 

口内を清潔に保つために、歯磨きをやり過ぎているなんて事はありませんか?

実は歯磨きにも適切な方法があり、磨きすぎは要注意なんです。

Suponsored Links

歯磨きのしすぎは要注意!?磨き過ぎるとこんな事が…

歯磨きをやり過ぎると、

  • エナメル質が剥がれる
  • 歯茎が傷む

ということが原因で歯の構造が崩れ、口内トラブルを引き起こします。

 

歯には、エナメル質と象牙質、そして歯茎(歯肉)があります。

エナメル質は人間の身体のなかで最も硬い組織ですが、

歯みがきをし過ぎると剥がれてしまいます。

 

表面にあるエナメル質がはがれることで、下の層にある像牙質がむき出しなります。

象牙質はエナメル質とは違ってとても薄い組織であるため、

むき出しのままの象牙質に虫歯や知覚過敏などの口内トラブルが発生します。

 

歯をゴシゴシと強く磨くことで、エナメル質が剥がれ歯の構造が歪み、歯肉が下へとさがってしまいます。

歯茎が傷み、歯の構造が悪くなると、どれだけ歯磨きをしても歯には逆効果となってしまいます。

 

しかし、磨き過ぎが原因だけで、虫歯や歯周病になるとは限りません。

磨きすぎの他に重要な事は、「歯の正しい磨き方が出来ているか」という点です。

 

えっ違うの!?間違った歯磨き方法とは

歯の磨き方に気を付けているつもりでも、実は間違っている場合もあります。

こんな磨き方で歯を磨いてはいないでしょうか??

 

過度に力を入れる

必要以上に強い力でゴシゴシ歯を磨くと、エナメル質が徐々に剥がれ、歯茎が下がる原因となります。

 

歯ブラシを大きく動かす

歯ブラシを左右へ大きく動かすと、みがき残しが増え、しっかり磨いているつもりでも実は表面しか磨けておらず、虫歯の原因を作ります。

 

食後すぐに磨く

食後すぐは、口の中の細菌が酸を作り出します。

この酸や糖が一時的に歯のエナメル質を弱めてしまうため、食後すぐに歯磨きをすると、エナメル質を剥がしてしまう原因になります。

 

歯磨き粉の量や成分

キレイに磨くために歯磨き粉を多く使ったり、粒子の大きい歯磨き粉などを使うと、歯磨き粉の成分に含まれる研磨剤が歯の表面を綺麗にするだけでなく歯の表面を削ってしまいます。

 

歯ブラシを水で濡らして使う

歯ブラシを濡らして使用すると、歯磨き粉が口の中で泡になるのが早く、ちゃんと磨けたと勘違いし、しっかり歯が磨けていないまま終えてしまいがちです。

 

・口のゆすぎ過ぎ

歯みがきの後に口をゆすぎ過ぎてしまうと、歯磨き粉に含まれている有効成分が一緒に洗い流されてしまいます。

 

このように、歯磨きには意外にも間違った方法が多くあり、しっかり歯磨きをしていても意味がなくなってしまいます。

 

効果的な歯磨きのコツはコレ!歯を磨くタイミングや回数、時間は?

口内トラブルを防ぐための、5つの正しい歯磨き方法についてご紹介します。

これまでの習慣を変えてみましょう。

 

●歯磨きのタイミング

歯磨きは1日2回の朝と夜が一番良いとされています。

 

朝は、口臭やネバツキ、そして睡眠中に溜まった歯石を落とすための歯磨きです。

なので、起床後すぐに歯磨きをする事がオススメです。

起きたら真っ直ぐ洗面台へGO!

 

寝ている間に、最も歯石が増えやすく細菌が繁殖しやすいため、夜は寝る直前に歯磨きをするのがオススメです。

寝る前に何かを飲んだりする事があると思いますが、歯磨き後に飲むとしたら水がいいでしょう。

 

また、食後に歯を磨きたい場合は、食べてから30分以上経ってからにしましょう。

 

●歯磨きにかける時間

歯磨きにかける時間は、だいたい10~15分がベストです。

 

しかし、急いでいる朝には、歯磨きに時間をかけられませんよね。

歯を1本1本正しく磨く事が出来ていれば、歯磨きに10分も15分もかける必要はありません。

 

一番NGなのは、時間をかけているのに正しく磨くことが出来ていない「ながら磨き」です。

ダラダラと歯を磨き、時間をかけても意味がありません。

 

歯磨き粉の選び方

歯磨き粉は、フッ素を多く含む歯磨き粉にしましょう。

フッ素には、酸で溶けた成分を修復する力があります。

このフッ素の役割を守るために、歯磨きの後の口ゆすぎ過ぎにも注意してください。

 

●歯ブラシの使い方と交換時期

歯ブラシは歯に対し直角に当て、1本の歯につき20回程度磨くのが理想です。

清潔で毛先がしっかりしている歯ブラシを使う事も大切ですので、歯ブラシは1ヶ月に1本のペースで取り替えるようにしましょう

毛先が開いてしまった歯ブラシを使い続けても、歯をしっかり磨く事は出来ません。

 

●デンタルフロスを使う

歯ブラシで磨くだけでは、歯の間の汚れは取れません。

歯磨き後に、デンタルフロス(歯間ブラシ)でしっかり歯間のお掃除もしておきましょう。

スポンサードリンク 

まとめ

歯みがきで口内環境を改善する方法をご紹介しました。

今までの歯磨きの仕方をほんの少し変えるだけで、口内環境も良い方向へと向かうでしょう。

 

毎日の中で歯を守るためには、毎日の歯みがきが最も大切です(^^)/

もちろん、定期的な歯科検診にもしっかり行くようにしましょう!

 

磨くときの正しい力加減や歯への当て方など、文字だけでは分からないこともあると思うので、

具体的なことは歯科衛生士さん聞いてみるのがいいでしょう。

詳しく教えてもらったり、自分の磨き方が適切か見てもらうこともできますよ。

歯科

ちなみに、チーズには虫歯予防の効果があるって知ってましたか!?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。