これで彼とスピード婚約!?『結婚』に対する男女の意識の違いを利用したテクニック3つ!

彼と付き合って数年。

年齢的にも結婚を考える今日この頃。

でも、彼の口から結婚の「け」の字も出てこない…。

 

彼の気持ちが分からなくてヤキモキしちゃっているそこのあなた!( ゚Д゚)

 

まずは結婚に対する男女の意識の違いを知り、彼に意図的に結婚を意識させる方法を試してみましょう!

Suponsored Links

恋愛と結婚は別ってホント?結婚における男女の理想の違い

恋愛相手と結婚相手は別!

という考えには賛否両論あると思います。

 

そもそも恋愛とは?結婚とは?

恋愛には「愛」という字も含まれるけれど、

どちらかと言うと「恋」寄りな感じ。

ドキドキした感情が優先で、二人の安定した暮らしを考えるというよりは、会っている瞬間を楽しみそこに意識を向けることのほうが多いものです。

 

結婚とは安定した愛と生活をイメージさせるもので、実際二人の間でそれらを築いていくことが求められます。

ドキドキよりも、変わらない日常の中に幸せを見出していくような感じでしょうか。

 

  • 恋愛とは部分的な時間の中で関わっていくもの
  • 結婚とは二人で日常を共にし、生涯関わっていくもの

といった大きな違いがあるわけですね。

 

結婚に対する男女の捉え方と理想

理性的とされる男性は、彼女のことが好きで生涯のパートナーにはなれないと判断したなら、わりと恋愛の段階だけで終わらせることができます。

感情的とされる女性は、一旦恋愛関係になると、彼に多少の不安をおぼえたとしても生涯を共にしたいと考えることが多いようです。

 

それでは、どんな相手に対して人は結婚したいと思うのでしょうか。

 

男性の多くが理想とする結婚相手は、思いやりがあって優しい女性であり、

理想の結婚生活は、家庭においしいご飯や癒しがある生活ではないでしょうか。

 

一方、女性の多くが理想とする結婚相手は、頼りがいがあって優しい男性であり、

理想の結婚生活は、安定した収入が家庭にあることが大きなポイントになります。

 

男女ともに、思いやりや優しさが求められていますし、

男性には頼りがいと安定した収入が求められ、女性には相手を癒せる力が求められていることが多いのです。

 

結婚を意識し始める年齢やきっかけは?意図的につくって意識させるには?

結婚を意識し始める年齢は、男女ともに20代半ば~後半あたりが多いのではないかと思います。

平均初婚年齢が男女ともに30歳を超え、晩婚化となっている現在の日本ですが、それでも生涯のパートナーについて考え出す年齢は、それよりもずっと早いです。

 

結婚を意識し始めるきっかけ

結婚を意識するようになるきっかけとして

男性

  • 自身が経済的に安定し始めた
  • 子どもを持った時のことを考え始めた
  • 彼女とならやっていけると思った

女性

  • 年齢的にそろそろだと思った
  • 出産する将来のことを考えた
  • 彼の転勤が決まったから

などの理由が挙げられるでしょう。

 

これらのきっかけを上手く利用して、強制的に将来について考えさせるちょっとした小ワザをお教えします!

 

意図的に彼に結婚を意識させる方法

①こどもや仲の良い夫婦を見て一言

男女ともに、結婚を考えるきっかけとして子どもについての内容が挙げられました。

なので、二人で親子連れの多い場所(公園やショッピングセンター、テーマパークなど)に出向いてみたり、さりげなく子どもに関する話題を交えるのが、結婚を意識させる案の一つです。

また、子どもではなく、手をつないだ仲のいい老夫婦などに出会った時に、『あんな仲の良い夫婦、憧れるなぁ~』と言って反応を見てみるのもいいかもしれません。

 

②時間の流れについてつぶやく

年齢の話題を出すのも簡単な一つの案です。

『もう付き合って〇年かあ!早いねぇ―』と、それとなく二人の間に流れた年月について話してみたり、

あなたが自分の年齢について『もう〇歳かぁ~、そろそろ自分の将来ちゃんと考えないとなぁ~』なんて独り言のようにつぶやいてみることもいいでしょう。笑

 

③小さなイベントをチャンスに

彼の転勤が決まるなどのような大きな転機がなくとも、何らかのイベントを転機にすることもできます。

例えば、友達が結婚したという話題から、そのまま『自分たちもしよっか?』という流れに至ったカップルもいますし、引っ越しを機に一緒に住み始め籍を入れるカップルだっているのです。

 

まとめ

結婚したいなら、男女それぞれが思い描く理想の結婚について知り、それを逆手に取ることで

相手の理想の結婚相手になってしまうのが一番手っ取り早いです(笑)

 

これらの結婚観にはもちろん個人差がありますし、結婚相手に対して譲れない理想というのは一人ひとり違うものだと思いますが、

上で述べた優しさや収入などの理想の特徴は全て、あって悪いものではないですよね(笑)

基本的な自分のスペックとして取り入れていきましょう!

 

結婚はお互いの気持ちが重なり合ってできるものなので、

どちらかが焦る気持ちを一人で抱え込んだりするのは、二人の関係上よくありません。

かと言って、相手を無理に急かしたりしても上手くはいきません。

 

彼の結婚に対する意識を確かめつつも、時にはお互いが素直になり思っていることを話し合うことも大切です!

二人が納得いく形で結婚へと前進していけるといいですね(^^)/

Suponsored Links

シェアする