free web hit counter

彼氏にイラついた時の賢い対処法!~思考編~

大好きな恋人と一緒にいる時、ついイラっとしてしまう瞬間もありますよね。

付き合いが長くなってくるとなおさら。

 

私も、ついつい小さなことで

むきゃー( ゚Д゚)!

となってしまいます(笑)

 

しかし、そこで怒ったり喧嘩になったりしては

せっかくの二人の関係をこじらせてしまうことになりかねません。

 

あなたのそばにいてくれる大切な存在を、失いたくはないですよね?

 

だからといって、相手への不満を我慢して溜め込んでしまうのはよくありません。

相手のためにあなたが犠牲になる必要はないんですよ。

 

イライラをコントロールする

じゃあその怒りの感情をどう扱えばいいのか?

趣味に逃げたり、他の人に愚痴を聞いてもらったり・・・それも違います。

楽になるのはその時だけ。本当は何も解決できていませんよね。

 

今回は、パートナーに腹が立った時にとるべき思考ついてお伝えします。

 

重要なポイントは、2つあります。

『彼』

だけでなく、

『自分』

についても考えてみることです。

 

この二つの視点に立つことで、あなたは怒りを上手にコントロールし、気持ちを楽にすることができますよ。

 

①自分について考える

まずフォーカスを当てるのは、相手ではなく自分です。

自分がどうして腹が立っているのか、しっかり向き合ってみましょう。

 

イライラの根源にある感情に気付く

まず、イラついた瞬間の出来事を思い浮かべてください。

そして、なぜそれに対して自分が怒っているのか、原因を深堀りしていきましょう。

 

たとえば、

彼がLINEの返事を返してくれない

という事実に対してむしゃくしゃしている場合。

 

なぜそこに怒りが湧き出てくるのかというと

彼に無視されているような気がするから

ですよね。

 

でもそれって、本当のところ

彼に構ってもらいたい

という気持ちがあるからです。

 

 

他にも、よくあるのは

  • 彼がいつも遅刻することに腹が立つ

自分をないがしろにされている気がするから

自分を大切にしてほしから

 

  • 他の女性と接していることに腹が立つ

自分以外に目を向けているから

自分だけを愛してほしいから

 

だんだん実感してきませんか?

これらは全て、彼のことが好きだからこそ出てくる感情であるということを。

 

 

付き合っていると、

あなたも同じくらい私を好きなら、〇〇してくれて当たり前でしょう?(´_ゝ`)

と相手に対する勝手な期待が生まれます。

そして、その期待が果たされなかった時、

裏切られた!」という感情が出てきて

相手に対して勝手な怒りがこみ上げてきます。笑

 

LINEの返信が遅い、遅刻してくる、異性と仲良くする

など、同じことを友達がやっていたら?

きっとあなたは「しょうがないなあ~」と笑って許せたり、まったく気にならない時だってあるんじゃないですか?

 

彼だけに対して、小さなことで怒ってしまうのは、あなたがちゃんと彼を好きでいる証拠なんですよ(^^)/

 

「嫌い」の裏返しは、「好き」なんです。

そのことにまずは気付いてみましょう。

Suponsored Links

②相手について考える

相手は「自分のもの」ではない

パートナーって、友達より精神的にも肉体的にも近い存在ですよね。

何股もかけているのなら話は別ですが、パートナーは一人であることが多いですよね?笑

 

その「たった一人」だからこそ、自分の全てを理解してほしいと思ってしまう。

しかし、

そのたった一人の「他人」から、自分の全てを解ってもらうなんて不可能な話です。

 

 

 

当たり前ですが重要なことなので、もう一度言います。

 

 

彼は他人です。どれだけあなたを愛していても、あなたを100%理解することはできません。

 

 

 

あなたは自分自身のことを、まるごと愛していますか?

自分の全てを理解していますか?

 

いくら自分だからって、嫌いな部分や認めたくない部分はあるでしょうし、たまに自分の気持ちや考えていることがわからなくなることだって、ありませんか?

 

それなら、あなた以外の人にとっても、あなたの全てを理解し、愛することなんてできません。

いたとしても、血のつながった家族くらいじゃないでしょうか。

誰よりもあなたに近い自分自身だって、あなたのことをまるごと受け入れることなんてなかなかできないんですから。

 

どんなに愛し合っている彼であっても、「他人」に変わりはありません。

あなたの所有物ではないし、人としての感情も持っています。

 

 

思い出してみてください。

知り合ってすぐの頃

友達だった頃

好きな人として意識し始めた頃

あなたはパートナーの事を一人の人としてきちんと尊重できていたでしょう?

 

距離が近くなるほど、そばにいるのが当たり前になるほど、その気持ちは自然と薄れてしまうんです。

自然なことです。あなたが悪いのではありません。

ただ、それだけそばにいても、相手には相手の人生・価値観・考え方があるということを少しだけ意識してみてください。

 

伝えるなら冷静に伝えてみよう、そして相手の考えもちゃんと聞いてみよう、なんて思えてきませんか?

 

怒りに任せる前に、一瞬だけ考えるようにしてみてください。

「この人も私と同じ、一人の人間だ」と。

 

まとめ

①まずは自分と向き合い、相手に対するイライラの底に隠れた「好き」という気持ちを思い出す。

②そして、パートナーも一人の個人であることを認知する。

すると、「愛する彼も他人」であることを受け入れられるようになります。

 

 

「好きな人には、自分の喜怒哀楽を全て知ってもらいたい!」

恋する乙女なら、そういった気持ちも出てきます。

全てを見せあえるような関係って、素敵だし憧れますもんね。

 

しかし、あなたは愛する人を傷つけたいわけじゃないでしょう?

イライラをただぶつけて、喧嘩になって、ぎすぎすして・・・

そんなことを繰り返すうちに、いつの間にか相手との距離は離れていて、もう手遅れ・・・

そうなってやっと後悔するなんて、悲しすぎますよね。

 

あなたはまだ変われます。

 

そうするときっと、相手も変わっていきます。

 

 

まず初めの一歩として、「今日だけはイライラせずに二つの思考を実践してみる」こと!!

それができれば、「この一週間だけ…」「今月だけ…」と続けて頑張ってみてください。

きっと二人の関係はいい方向に変わっているはずです!

 

Suponsored Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。