耳つぼについて聞いたことはありますか?

人間の身体にはツボが365ヵ所あるといわれていて、その中の110ヵ所以上が耳に集まっています。

『ツボの集合体』と言われている耳を触るだけで、体調の改善が期待できるのです。

 

女性の身体は仕事、恋愛、家事、育児などでストレスが溜まりやすいので、耳ツボを刺激して少しでも負担を軽減できたら手軽でいいですよね!

 

今回は耳をマッサージすることで期待できる効果や、自分で簡単にできる方法についてご紹介していきます。

Suponsored Links

耳つぼマッサージのメカニズム!耳つぼを刺激することで得られる効果とは?

日ごろ、耳を意識することはあまりないと思いますが、耳は全身と繋がっています。

耳を触ってみてください。あなたの耳は冷たいですか?硬いですか?痛いですか?

冷たい場合は血行が悪くなっています。

 

耳をマッサージすることでツボが刺激され、腰の痛みや肩こり、頭痛や冷えなどを軽減することができます。

 

耳の上の方には『神門(しんもん)』というツボがあり、このツボをマッサージすることで自律神経が整います。

自律神経は血管や内臓の動き、呼吸、消火、ホルモンのバランスを司る神経ですので、

神門を刺激することでその自律神経を調整し、全身をほぐしたかのようなリラックス感も得ることができるんです。

 

これらのように、耳つぼマッサージを毎日続けることでメンタル向上や体調管理ができるので、しっかり行っていきましょう!

 

自分でやってみよう!簡単にできる耳つぼセルフマッサージ法

実際にセルフマッサージの方法をご紹介します♪

耳つぼマッサージ

■耳の上を親指と人差し指でつまむ

①上に引っ張る

②つまんだまま親指をくるくると回して耳を揉み解す

③上に引っ張ってから勢いよく手を離す

 

■耳の真ん中を親指と人差し指でつまむ

①上に引っ張る

②つまんだまま親指をくるくると回して耳を揉み解す

③上に引っ張ってから勢いよく手を離す

 

■耳たぶを親指と人差し指でつまむ

①上に引っ張る

②つまんだまま親指をくるくると回して耳を揉み解す

③上に引っ張ってから勢いよく手を離す

 

■耳全体をつかむ

①前にくるくると耳全体を回す

②後ろにくるくると耳全体を回す

 

耳の上からマッサージしていくことが大事です。

神門のツボから刺激し自律神経を整えてから他のツボを刺激すると、効果が増します。

自律神経のバランスが崩れていると、効果が半減してしまうことがあるそうです。

 

セルフマッサージのポイント

【時間・頻度】

耳マッサージは何分がいいとかは決まってはないのですが、だいたい私は5~15分行っています。

朝、昼、夜の1日3回に分け、少しずつやる方が好ましいです。

 

特に、寝る時と起きた時に行うと自律神経のスイッチがうまく切り替わり、寝付きや目覚めが良くなります。

【力加減】

痛くない程度の力加減で、時間のない時は耳の上部を強めに3回つまむのがおすすめです。

両耳同時につまんでマッサージするのが理想ですが、片方ずつでも大丈夫です。

耳が赤くなってポカポカするまでおこなってください。

 

耳つぼの位置はココ!!

耳の上部、真ん中、耳たぶの位置にはそれぞれどのようなツボがあるのか一部ご紹介していきます。

 

【上部】

神門、腰、アレルギー、大腸、小腸、座骨神経、子宮、腎に関するツボ

【真ん中】

肩、首、胃、肺、心に関するツボ

【耳たぶ】

目、頬、顎、内分泌、頭、冷え(血行)に関するツボ

などがあげられます。

 

神門と一緒に刺激することで痛みを軽くしたり、むくみが取れたり、月経不順を改善したり、お顔のリフトアップをしたりと、女性特有の悩みや美容におすすめのツボがたくさんあります。

両耳には、だいたい同じ場所に同じツボが存在しています。

素人にはなかなかピンポイントで探すのが難しいので、耳全体をマッサージしておくのがいいですね。

 

まとめ

耳ツボは、小さいけれど意識して触ってみたりマッサージすることで体調管理ができるすごい器官です。

耳なので場所を選ばすいつでもマッサージできるのもいいですね。

 

ツボを刺激することで自然治癒力もあがるため、あまり薬に頼らない身体づくりも目指せます。

耳つぼダイエットという言葉も近年流行り出してきていますね。

『耳つぼジュエリー』という、耳のツボを刺激して健康管理やダイエット効果を期待できるおしゃれアイテムもおすすめですよ。

どんな時も身体が健康で元気でいることが大切なので、簡単な耳つぼマッサージを毎日続けてみてください(^^)/

おすすめ記事