誰もが聞いたことのある物語『不思議の国のアリス』。絵本や小説、映画などさまざまなものに影響し、可愛いカフェやグッズなど、いたるところでアリスの世界観がモチーフにされていますよね。

そんな『不思議の国のアリス』の原点や、現代でも世界中に影響を与え続けているこの物語の魅力を、日本初公開を含む貴重な作品と共に紹介している美術展が開催されています!

そんなアリス展のスタート地点である神戸会場のレポや混雑状況、全国で行われる今後の開催スケジュールなど詳しくお伝えしますね♪

Suponsored Links

【不思議の国のアリス展】神戸会場 詳細

会場:兵庫県立美術館3F『芸術の館』

住所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)

開催期間:2019年3/16(土)~5/26(日)

開催時間:10:00〜17:00 ※最終入場は16:30まで

休館日:月曜(4/29・5/6は開館)、5/7(火)

TEL078-262-0901

公式HPhttp://www.alice2019-20.jp/

チケット

  • 当日券:一般1,400円 ・高大生1,000円・小中生600円・小学生未満無料
  • 前売券:それぞれ200円引き
  • 特別先行前売券(HARD ROCK CAFE ピンズ付き前売券)
    一般3,200円・高大生2,800円・小中生2,400円

チケットをネットで購入される場合は、ローソンチケット(Lコード53878)、チケットぴあ(Pコード992-018)、セブンチケット、CNプレイガイド、阪神プレイガイドなどで販売されています。

全国の開催スケジュール
【兵庫】兵庫県立美術館 2019年3/16(土)~5/26(日)
【長野】松本市美術館 7/13(土)~9/8(日)
【神奈川】そごう美術館 9/21日(土)~11/17(日)
【福岡】福岡市美術館 12/3(火)~2020年1/19(日)
【静岡】静岡市美術館 2/1(土)~3/29(日)
【愛知】会場未定 4/18(土)~6/14(日)
【新潟】新潟市新津美術館 6/27(土)~9/6(日)

【不思議の国のアリス展】みどころ

作者「ルイス・キャロル」は大学の数学講師だったそうで、学寮長の娘・アリスにお話をするようせがまれて生まれた物語が『不思議の国のアリス』なんだそうです。

誕生から150年を迎えたこの本は、およそ170の言語に翻訳され、初版から毎年出版され続けている世界的ベストセラーとなっています!

少女が迷い込む不思議な世界や個性的なキャラクター達は、今でも世界中の多くの人を魅了し続けており、画家やイラストレーターをはじめ、さまざまな芸術家の創作意欲も刺激し続けています。 

 

展示会場の入り口前でチケットを購入し、中へ。

今回展示されているのは、1865年に出版された画家「ジョン・テニエル」か描いた挿絵の下絵をはじめ、32点もの日本初公開作品も展示されています!他には世界的に有名な絵本作家「エリック・カール」による描き下ろし作品や、草間彌生、清川あさみといった日本人アーティストがアリスの世界観を現した作品なども並んでいます。

会場はいくつかのゾーン(1章~3章)に分かれており、2章のみ写真撮影がOKでした。

SNS映えの撮影スポットもありますよ♪

さまざまな画家の絵も飾られています。あなたはどのアリスが好きでしょうか?

私は土曜の14時ごろに行ったのですが、ほどよい人混みで、どの展示もゆっくり見ることができました♪

脱出ゲームも同時開催!

このアリス展を舞台にリアル脱出ゲームを行う【不思議の国からの脱出】も同時開催されています!

私はこれ目当てで行ったので、興味のある方はご覧になっていただけると嬉しいです(^^)/

Suponsored Links

おすすめ記事