観光大国、シンガポールにの南に位置する『セントーサ島』。

「ユニバーサル・スタジオ」や世界最大級の水族館「シー・アクアリウム」など、1日では遊びきれないアトラクション島には、3つのビーチもあり、その中で最もオススメなのが『パラワン・ビーチ』です!

海の上を渡るつり橋の向こうには、アジア最南端の展望台があるので、インスタ映え間違いなし!

今回は、そんな『パラワンビーチ』と展望台の様子、周辺のオススメスポットなどをご紹介します。

シンガポールの海なら、ぜひパラワンへ!!

Suponsored Links

セントーサ島には『パラワンビーチ(Parawan Beach)』だけでなく、アクティビティが多く夕日がキレイな『シロソビーチ(Siloso Beach)』、クラブがあり若者に人気の『タンジョンビーチ(Tanjong Beach)』の3つのビーチがあります。

その中でもパラワンビーチは波がとても穏やかなので、ファミリーに人気が高いです。

巨大遊具つきの浅い無料プールもあるので、子どもにとって安全で楽しいビーチですね(^^)/

施設も整っており、脱衣所・シャワーは無料、有料ロッカーやビーチチェアのレンタルなどがあります。

コンビニやレストランも。

音楽はかかっておらず、まったり落ち着けるビーチです。

そして、なんといっても一番の魅力は、アジア最南端ポイントがあるということではないでしょうか?

 

そんなパラワンビーチへ行くには、まずシンガポール本島からセントーサ島へ入島します。

 

そこから、セントーサ島内にある『ビーチ・トラム』や『セントーサ・バス』を利用しました。

これらの乗車料金は無料で、セントーサ島内で乗り放題なんです♪

有料の交通手段だとモノレールやタクシーもあるでしょうが、せっかくなのでビーチトラムに乗車。

行き先がビーチ専用なので、あっという間に到着です♪

私が行ったときは、人がちらほら見られた程度で、泳いでいる人がおらず。

とても静かで落ち着いたビーチです!

 

ファミリーはもちろん、カップルで砂浜を歩くのも素敵でしょうね。

 

砂浜の手前に、まるでプチジャングルのような場所が。

この緑の先に吊り橋があります。

海のすぐ上を渡るつり橋です!高さはないので怖くありません。

縄もしっかりしています。距離は100mくらいかな?

人ひとりが通るような幅ですが、人となんとかすれ違うこともできます。

 

渡りきると、「アジア大陸最南端ポイント」を表すボードが!

その先に4階建ての展望台があります。のぼってみましょう!

ここがアジア最南端からみた海です!

たくさんのタンカーが通っています。天気が良ければインドネシアの島々も見られるそうですよ。

そして後ろを振り返ると、パラワンビーチの全体はもちろん、セントーサ島内の建物などが見えます!

私が行った時にはシンガポールで有名なスコールが降ってきたのですが、

この展望台で雨宿りをしていると、すぐに止みました(^^)/

ベンチでのんびり海を眺めることができますよ~♪

 

このパラワンビーチを出て少し歩くと、今年6月に行われた米朝首脳会談の会場であった『カペラホテル』があります。

海に行ったついでに一目見に行ってきました!

セグウェイに乗ってそれぞれのビーチを巡るセグウェイツアーもあるので、海が好きな人はセントーサ島のビーチを3カ所制覇するのもいいかもしれませんね♪

Suponsored Links

おすすめ記事