【明石家電視台】観覧方法、観覧日・放送日、収録時間など、どこよりも詳しいリアルレポ!!

毎週月曜、23時56分の深夜に放送している【痛快!明石家電視台】。

さんまさんが出ている関西の番組で、唯一公開収録を行っている番組です!

他にも色んな芸能人が出演するにぎやかなバラエティ番組に、観覧に行ってみませんか?(^^)/

今回は、明石家電視台に観覧に行く方法や、当選した後の流れ、参加時の注意事項、実際に参加した時のレポなどをお届けします♪

Suponsored Links

【明石家電視台】詳細

放送日:毎週月曜よる11時56分

放送局:毎日方法(MBS)

レギュラー出演:明石家さんま・間寛平・村上ショージ・松尾伴内・雨上がり決死隊・中川家・次長課長・重盛さと美など

番組HPhttps://www.mbs.jp/akashiya/

無料見逃し配信https://dizm.mbs.jp/title/?program=akashiya

【明石家電視台】観覧の応募方法は?

明石家電視台に応募する方法は2つ。

公式HPからネットでの応募か、ハガキでの応募です。

ペアでの参加が必須なので、応募前には必ず一緒に行けそうな人を探しておきましょう。

WEBでの応募

ハガキよりも簡単ですが、ハガキより記入内容は多いです。

私が応募した時は、このような応募フォームでした。

「気になる最近のニュースは?」「あなたが自慢できることは?」など、アンケート項目もありましたが、これらの内容は変更する可能性もあるかもしれませんね。

ちなみに私は、それぞれ1行くらいの簡単な内容を書いて出しました!

ハガキでの応募

  • 住所
  • 氏名
  • 年齢
  • 電話番号

ハガキに記入し、以下の住所へ送りましょう。

〒530-8304
「明石家電視台 観覧募集係」

【明石家電視台】当選したら?

観覧に当選すると、事務局から電話がかかってきます。

私は、応募してから数週間で連絡をもらえました!

「これまで明石家電視台の観覧に来られたことはありますか?」と聞かれ『数年前に一度行きました』と返事をすると、

「前回の観覧から数年経たれているということなので、ぜひ今回も来て頂けたらと思います」と。

最近行ったばかりの人は対象外なんでしょうか?

 

「観覧していただける日は、〇日(月曜)の13~18時もしくは16~21時になります。お時間は、両方席が空いていますのでどちらでも構いません。同伴者様と相談していただき、明日の昼までにまたお電話ください」とのことでした。

その日の観覧は2部制のようですね。日にちは決められていますが、時間帯の希望が出せるのはありがたいです!

すぐ友人に連絡し、その日はお互い有給をとって行くことに(笑)

希望は13~18時の時間帯。

 

翌日、電話でその旨を伝えました。

その際、同伴者についての情報(名前、年齢、職業、電話番号)も聞かれるので答えられるようにしておきましょう。

昨日の電話で「同伴者はできるだけ同年代でお願いします」と言われていたのですが、私の同伴者は私より10歳上。笑

それでもすんなり受け入れてもらえました。

 

参加者の中に、ガや妊娠をしている、もしくは体調の優れない人がいないかの確認、そして当日の集合や注意事項などについて教えてもらいます。

  • 集合はテレビ局の入り口前
  • 集合時にスタッフに伝える受付番号について(番号は間違えないように!)
  • 服装はなるべくテレビ映えする華やかなもの
  • 観覧の時間帯は全面禁煙
  • 控え室におにぎりとお茶が用意されている
  • 手荷物は観覧中預かるため、高価なものは持ってこないように

など、丁寧に教えてくれました(^^)/

【明石家電視台】事前の確認連絡

「観覧日3日前の11~17時の間に、また事務局へ確認の電話をしてください」とのことでした。

その際は名前と教えられた受付番号を伝えます。

でも、私はすっかり電話を忘れてしまっていて、17時半ごろに向こうから連絡をいただきました(笑)

優しく対応してくださり、当日参加できるかの再確認と、受付番号の変更と集合時間の変更も聞きました。

集合時間は13時から13時15分になりました。

【明石家電視台】観覧当日!!

ワクワクしながら迎えた観覧日。

めいっぱいオシャレをし、集合時間の7分前に到着!

テレビ局の入り口前には集合を待っている人がちらほら。

先に局内のトイレを借り、また外へ。

集合時間になるとスタッフが来て、2列に並ぶよう指示がありました。

そこで受付番号と名前を伝え、観覧者用のスタジオパスをもらいます。

そのままスタッフの誘導で観覧者の控え室へ。

いつもは会議室を控え室として利用するそうなのですが、今回は空きがなかったそうで、小さなホールのような部屋でした。

観覧者は50人ほど、男性は4名。

年齢は20~30代が多く見えましたが、50代くらいの夫婦も参加していました。

服装は赤や黄色など、明るい色の方が多かったです。

 

番組の関係者さんの説明を受け、まずはアンケートに協力。

いたって簡単なアンケートでした(^^)/

一番下の『案内を希望する』に〇をつけると、あらかじめ伝えていた電話番号に事務局から電話がかかってきます。

私はこれに〇をつけ、翌日に他の番組の観覧に来てもらいたいという電話をいただきました。

他にもいろんな番組に参加したいという方は〇をつけておくといいですね♪

 

それが終わると、ステージ上にあった番組の看板で、希望者のみ記念撮影してもらえます!

スタッフが1組2枚ずつ撮ってくれました♪

 

あとは時間が来るまで控え室でのんびりしていていいとのことで、それぞれおにぎり2個とお茶がもらえます。

十分に時間があるので、その間トイレを済ませておきましょう!

 

集合時間から1時間後(14時半)くらいにスタッフが戻ってきて、スタジオへの移動が始まりました。

エレベーターに乗ったりと、迷路のようなビル内を歩いて行きます。

普段は控え室にそのまま荷物は置いていき施錠されるそうなのですが、今回は荷物を持って行き、スタジオ近くの長机に置き、それをスタッフが管理してくれるとのことでした。

荷物を置いた後、番号順に2列で並び、そのままスタジオへ入り、番号順に着席。

セットは照明が多く、慣れるまでまぶしいですが、そのおかげで暖かく上着は必要ありません。

 

明るい新人ADさんの前説(拍手や声を出す練習など)があり、出演者がスタジオ入り。

さんまさんが現れた時、一気にスタジオがキャーキャー賑やかに!

出演者が席に着くと、すぐ本番が始まりました。

 

観覧者の中にミラーボールのようにギラギラした服を着た女性がいて、番組中さんまさんにイジられていました(笑)

観覧が終わったのは17時。

1時間の番組ですが、収録は2時間ほどでした。

そのままいくともっとかかりそうだったのか、最後らへんはカンペの指示で残りの内容をすっ飛ばして無理矢理終わった感じでした。

さすがさんまさん!しゃべりが尽きない!笑

 

カットがかかり、出演者を一人ずつ拍手で送り出しました。

その後スタジオから出て荷物を受け取り、観覧者全員が集まったところでスタッフが出口まで案内してくれます。

最後に番組特性のステッカーをいただきました♪

今回の収録が放送される日も教えてもらえます。

私が行った収録は3週間後に放送されるそう!録画しとこうっと!

まとめ

今回行ってきた明石家電視台の観覧の流れをまとめます!

  • 観覧の応募はハガキか公式HP
  • 当選連絡は電話でくる
  • 教えてもらう受付番号は覚えておく!
  • 観覧日3日前に、最終確認の電話をする
  • 集合時間から1時間ほどはアンケートや軽食、トイレ休憩がある
  • 1時間の収録に2時間ほどかかることも
  • 観覧者は20~50代の幅広い層(主に20~30代)
  • 観覧者数は50名ほど、男性は少数
  • 伝えられていた時間より1時間早く解散できた
  • 観覧日は月曜、放送日は3週間後

なお、毎回こうなるとは限りませんので、興味のある方は実際に応募して確かめてみてくださいね♪

 

さんまさんはテレビで観るより男前ですよ~!(^O^)

Suponsored Links

おすすめ記事