日本で唯一、放送法の指定を受けた放送番組専門のアーカイブ施設である【放送ライブラリー】を知っていますか?

懐かしいCMや子どもの頃見ていた番組などを振り返ったり、NHKや民放のラジオ・テレビの今一番押している番組が何なのか、どのように作られているかが見て取れる施設です。実際に放送の風景を体験することもできます。

今回は『秋の人気番組展』を目当てに行ってきました!(^^)/

Suponsored Links

【放送ライブラリー】詳細

address : 神奈川県横浜市中区日本大通11番地 横浜情報文化センター内

TEL : 045-222-2828

HP : http://www.bpcj.or.jp/

open : 10:00~17:00

close : 月曜日(祝日・振替休日の場合は次の平日)、年末年始

fee : 無料

8階 視聴ホール

(出典:http://www.bpcj.or.jp/info/consolehall.html

まずはビルの入り口からエレベーターで8階へ。8階は視聴スペースが中心となった視聴ホールです。

入り口右手にPCコーナーがあり、施設のホームページを見ることもできます。

その奥は視聴ブースになっており、60台のブースと100人の席が設けられ、3万本以上の全国の放送局の番組やCMを視聴できます。

訪れたのは10月の平日のお昼過ぎだったので混んではいませんでしたが、いくつか席が埋まっていました。

廊下には注目番組(9月によく視聴された番組)が貼られていて、その時期はさくらももこさんが急逝されたこともあり、ちびまる子ちゃんが人気のようでした。安室奈美恵さんが引退された月でもあったので、安室さんの出演していた番組もリストにあがっていました。今では伝説となったCM等も視聴できるようです。

見たい番組があるときは総合受付で申し込みましょう!

*こちらのフロアーは撮影禁止だったので、実際のものはご自分で行ってみてください。

9階 展示ホール

(出典:https://www.bpcj.or.jp/info/exhibitionhall.html

今回は目的があってこちらの施設にやってきました。8階受付前にあるエスカレーターを上ると順路が示されているのでずんずん進んでいきましょう。

案内図②の「放送お茶の間物語」では放送と人との暮らしの関わりを時代背景と共に見て進むことができます。

③の「プレイバックシアター」では懐かしい番組のいいところを少しずつ集めてスクリーンに流しています。座ってみることができますので、色々懐かしみたい方はこちらも要チェックです。

順路を進んでいくと、テレビディレクターやニュースアナウンサーといった職業が体験が出来るコーナーがあります。将来テレビマンになりたいというお子さんは申し込んで体験してみると楽しそう!

さらにずんずん進んでいきます。今回の私の主目的はこちら。

(出典:http://www.bpcj.or.jp/event/blog/2018/09/format.html

年に2回、こちらの施設で開催している企画展です。NHKや民放各局の新番組、人気番組の台本やセット模型などがたくさん展示されています。

実際に見ているドラマがどんな風に撮影されているのか、セットはどうなっているのか、複雑な人間関係の相関図がどうなっているのかなどを一堂に会して見ることができるのです。

各局決まったスペースのブースで魅力を伝えようとしているので、どの番組に力を入れているのかも分かっちゃいます。

そして、この施設唯一、写真撮影可能エリアなのです(ただし、動画はNGですので注意!)

 

フロアの入り口でテレビ神奈川の「カナガワニ」がお出迎えしてくれました。

入り口を入るとまずはBS放送のエリア。

NHKは「西郷どん」がど真ん中です。

中央に番組表やキャラクターの「どーもくん」のシールなどがご自由にお取りくださいと置いてあります。

となりでは「まんぷく」の宣伝動画が流れています。NHKブースはかなり広めです。

そのお向かいはTVK(テレビ神奈川)。

その奥はBS-TBS

BSフジ

BS朝日

BS日テレ

BSテレ東

WOWOW

日本BS放送のポスターと反対側には「関内デビル」(テレビ神奈川)の等身大POPが並んでいました。

「まんぷく」のポスターと相関図もズラリ。

そして、さらに奥には民放地上波エリアが。

まずはTOKYO MXがお出迎え。

続いて日テレ。やっぱりコナンくん推し?笑

と思いきや、その先も日テレ。

「獣になれない私たち」の実際のセット写真がパースと共に飾られています。

意外にもドラマのポスターの他、情報番組のポスターが多いことから情報系にも力を入れていることが測れます。

その奥はテレビ朝日。

高視聴率をあげている「リーガルV」のポスターが中央に貼られています。右側には看板番組の「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」、バラエティ番組など。

7月クールのドラマ「ハゲタカ」のスタジオセット模型も飾ってありました。

その奥はTBS

TBSらしく、こちらのコーナーはドラマ一色。ドラマの相関図がありがたい~。

「下町ロケット」で阿部寛演ずる佃 航平の工場「佃製作所」のセット模型が飾ってありました。

その横に少しだけ情報番組系も。

次はテレビ東京。

バラエティとアニメと、バランス良く平等に展示されていました。開局55周年なんですね。

最後はフジテレビ。

フジテレビは「月9」推しのようです。

「ゲゲゲの鬼太郎」はアニメ放送されてから50周年だそうで、フューチャーされていました。

現在放送中の各局のドラマ台本がズラリ。

中を読んでみたい~!

おわりに

子どもの頃に見ていた番組を懐かしんだり、最新のトレンド番組をいち早くチェックできたりと、見逃せない情報がみっちりと詰まった施設でした。

秋の人気番組展ではこういったお土産もたくさんもらえちゃいます♪

お土産によっては配布時間と限定数が決まっているので注意しましょう!

毎年夏休みは小学生のお子さんで混み合うようなので、春と秋の番組改編時に行われる人気番組展の時期を狙って行かれてみてはいかがでしょうか(^^)/

ちなみに次回の春の人気番組展は、4月下旬~開催予定です!

Suponsored Links

おすすめ記事