埼玉・秩父にある長瀞町(ながとろまち)と聞いて思いつくものは、ライン下り、岩畳、パワースポット、SLなど。

そんな自然あふれる観光地に、天然氷屋さんの作る美味しいかき氷があるのをご存じですか?

暑い夏がやって来たら、さっぱりと冷たいかき氷を味わいに行きましょう♪

Suponsored Links

【阿佐美冷蔵 金崎本店】アクセス・詳細

阿佐美冷蔵

【アクセス】埼玉県秩父郡皆野町大字金崎27-1
秩父鉄道秩父本線『上長瀞駅』徒歩3分
*オンシーズンは近隣の有料駐車場を利用できます。オフシーズンは無料駐車場があります。
【TEL】 0494-62-1119
【時間】10:00~16:30
【定休日】木曜
*最盛期は無休。阿左美冷蔵寶登山道店も近くにあります。

【食べログ】https://tabelog.com/saitama/A1107/A110704/11000259/


【阿佐美冷蔵】リアルレポ♪

阿佐美冷蔵

明治二十三年に天然氷の蔵元として創業したこちらのお店。

天然氷の蔵元は、現在日本全国で7軒しかないんだとか。

10:00開店ということで、9:30頃に到着しましたが…さすが人気店。

すでに店前の庭をぐるりと長い列が。

どうやらこれはこのお店の風物詩のようですので、待つ時間も楽しんじゃいましょう!

 


昭和にタイムスリップ

一歩敷地内に入ったときから『おばーちゃん、遊びに来たよ!』という雰囲気。

 

蛙の上に蛙…の灯籠(とうろう)。

阿佐美冷蔵

昔懐かしい、手で回すタイプのかき氷器。

阿佐美冷蔵

何気なく置いてある小物たちが何ともシンボリックで哀愁を帯びています。

阿佐美冷蔵

庭の木にフクロウのオブジェ。一瞬ホンモノ?!と、焦りました(笑)

阿佐美冷蔵

お土産屋さんに置いてある藍染のグッズも可愛いし、タライに冷やされた瓶ラムネも美味しそう!

 

…それにしても暑かった。笑

日傘や帽子、日焼け止めなど、ヒンヤリグッズは必須です。

 


さて、何にしよう?

行列が進んであと四分の一くらいになった頃、かき氷のメニューが置いてありました。

このメニューがまた小ジャレていて。

阿佐美冷蔵

いわゆる『氷イチゴ』等とは書いてなくて、写真もあまり載っていません。

何となく想像できるものもあるけど…さて、何にしようかなぁと考えてながら列を進むと、あと少しで入り口というところでオーダーおじさん登場!

こちらでオーダーを通し、席に着いたころに商品が届くシステムのようです。

 

ここには季節限定メニューも記載がありまして、この日は梅酒なんていうのも。

今回は車で来ていたのでグッと我慢。

次回レッドアロー号で来た時には絶対に食べよう!

 

オーダーを通したら、入り口まであと少しです。

暖簾(のれん)の先には天国が待ってます!

阿佐美冷蔵

 


ヒンヤリ~(*´ω`)

お待たせいたしましたと案内され、のれんをくぐり、和風なお庭を通って店内へ。

こちらにどうぞ、と通された席。

和モダンな調度でまとめられた店内は意外と広く、ほどなくかき氷が到着しました♪お会計はこの時にします。

 

【蔵元秘伝みつのかき氷(あずき・黒みつ付き)

阿佐美冷蔵

秘伝みつは和三盆の優しい甘さ。黒みつは濃厚な甘さ。

二つの甘さを味わえる贅沢なかき氷。

秘伝みつが美味しくて、お土産に買って帰りました。

 

【あさみの果汁スペシャル(みかん+白桃+里ぶどう)

阿佐美冷蔵

フルーツのおいしさがぎゅーっとまとまっています。

練乳が添えられているのでお好みでかけていただくとフレッシュな甘さとミルクの風味が合わさって美味しい!

 

【メロン王子のミルクリッチ(白玉トッピング)

阿佐美冷蔵

色が白くてビジュアルはメロンっぽくないですけど、一口含むとしっかりメロン!

ミルクリッチとタイトルついている通り、メロンの風味にミルクが追いかけてきます。

 

どのかき氷もふわふわで、結構ボリュームがあります!

周りを見ると、ひとつのかき氷をシェアしている仲良しさんがたくさんいました。

全てにお口直しのすっぱーい梅干しがついてきます。

シロップは、自分で好きなようにかける方式です。

阿佐美冷蔵

たっぷり目に用意してくれているので、好みで食べ進められます。

 

一口食べてヒンヤリ!

でも、キーンとなる頭痛(『アイスクリーム頭痛』っていうらしいです)は無くて、パクパク食べられます。

白玉も氷の上に置いておいても固くならず、モチモチ。

甘すぎず、おいしい♪

 

ボリュームのある見た目に反して、案外ペロリと完食できちゃいました~!


まとめ

ノスタルジックなおばあちゃんの家でいただくようなかき氷。

最盛期には2時間近く待つこともあるようですが、灼熱地獄の行列の後には冷え冷え天国の幸せが待っていますよ(^^)/

 

こちらの店は通年営業なので、「並ぶのはちょっと…」という方はハイシーズンを避けて行かれてもいいですね。

季節限定メニューがあるので、次は何に出会えるかなーと楽しみです♪

Suponsored Links

おすすめ記事