日本では、季節に応じて色々な果物狩りが出来るのが魅力的ですよね!

今回は、都心から車で2時間ほどのフルーツ天国山梨へ、さくらんぼ狩りに出かけてきました~!

初夏である今が旬なんです♪

Suponsored Links

【萩原フルーツ農園】まずは受付♪

梅雨入りしたこともあり、出かけた日の東京の天気予報は一日ずっと雨・・・

しかし、山梨は降っておらず!

さすが日照時間の長さを誇る甲府盆地です(^^)/

萩原フルーツ農園は高台にあり、天気が良ければ富士山も臨めるステキなところです♪

 

早速受付で手続き。予約してあったのでスムーズ!

今年は4、5月の気温が暖かかったため、あれよあれよという間に完熟してしまったとか。

私が訪れた6月10日には、実が高いところにしか残っていないからと20%割引きしてくださいました!(^^)/

 

【萩原フルーツ農園】さくらんぼ食べ比べ!

この農園では8種類のさくらんぼの木があり、さくらんぼ農園内を自由に行き来してお腹いっぱい食べることができます。

坂がかなりキツく、農園内には切り株があったりふかふかの土であったりするので、スニーカーやぺたんこ靴がおすすめです。

簡単にさくらんぼの採り方などの説明を受け、ハウスに案内されます。

さくらんぼは全てハウスの中にあるので、雨でも大丈夫!

 

種を入れる紙コップをもらって出発です♪

ハウスの入り口には、それぞれの品種の食べ頃が図表されていました。

手で取れそうな高さには赤い実がほとんど残っておらず、高いところに美味しそうなサクランボが!

ハウス内に大・小2種類の脚立が用意されているので、手が届かない時は利用しましょう。

採るのに夢中になって落ちないように!笑

採ってみると一粒がこんなに大きい♪

この日は高砂(たかさご)、正光錦(せいこうにしき)、香夏錦(こうかにしき)、佐藤錦(さとうにしき)、紅秀峰(べにしゅうほう)の5種類を食べました。

さくらんぼの品種には『錦』と名前がつくものが多いですが、錦には「美しく立派なもの」という意味があるそうです。

宝石のように輝くさくらんぼの実に名付けたくなる気持ち、分かる気がします。

 

個人的には佐藤錦が一番甘くて美味しかったです(^^)/

 

【萩原フルーツ農園】おしゃれなカフェも!

好きなだけさくらんぼを堪能した後は併設されたカフェ『やまきやカフェ』へ♪

麦茶は無料でサービスしてくれます。

コーヒーやワインなどもあるので、一息つくには最適ですよ!

お土産に採れたてのさくらんぼを買って帰ることも出来ますし、チルド便で配送も可能です。

ワインやジャムなどの加工品も♪

テラスからはぶどう園が見渡せます。

天気がいいと、どーんと富士山が見えるそう。

テラス席

(出典:http://hagifruits.net/facilities.html)

次来たときは晴れてほしいなー!

 

帰りには、「今年は実が少なくてごめんなさいね」と、こちらのお土産までいただいちゃいました!

スタッフさんの心遣いも温かい、ステキな場所でした♪

 

【萩原フルーツ農園】詳細情報

住所:山梨県山梨市落合1337

◎電車…JR中央本線 山梨市駅下車 タクシーで10分

◎車…勝沼IC(東京方面)もしくは、一宮御坂IC(名古屋方面)から山梨市街方面→笛吹川フルーツ公園方面

無料駐車場完備です(約20台)。

電話 : 0553-23-0133

HP : http://hagifruits.net/

営業時間 : 9:00~17:00(入園受付は16:20まで)

 

【さくらんぼ狩り(40分食べ放題)】

期間: 5月下旬~6月中旬

料金: 大人(中学生以上) 2,100円/小学生 1,050円/小学生未満 無料

予約 : http://hagifruits.net/reserve.html

 

まとめ

こちらの農園では、今年は6/10以降実がなくなるまで来園可能ですが、「例年よりも早めに終了しそうです(;・∀・)」と農園の萩原さんはおっしゃっていました。

でも次は桃狩りのシーズンがやってきます!(6月30日~7月27日の予定)

8月からはぶどう狩りも楽しめます♪

どちらも入場予約が始まっているので、詳しくはコチラをご覧ください!

色んな実りを楽しめる萩原フルーツ農園で、おいしい休日を過ごされてみてはいかがでしょうか?(*´ω`)

Suponsored Links

おすすめ記事