日曜の夜に、家族みんなでサザエさんを見た経験はありませんか?

サザエさんが終わると「休日も終わったなぁ」と肩を落とすサザエさん症候群の方もいるのではないでしょうか。

来年にはアニメ化されて50周年を迎えるという長寿番組に成長したサザエさんの世界をとにかくおしゃれにしたカフェ【Lien de SAZAESAN(リアン・ドゥ・サザエさん)】に行ってきました!

アクセスやメニュー、店内の雰囲気やグッズなどをご紹介します(^^)/

Suponsored Links

【Lien de SAZAESAN】詳細

address : 東京都世田谷区桜新町1-8-9 Sakura House101

東急田園都市線「桜新町駅」徒歩5

(出典: http://www.lien-de-sazaesan.com/index.html)

TEL : 03-5799-6781

open : 10:30~19:00

close : 月曜(祝日の場合は営業振替のため、その翌日が休み)

HP : http://lien-de-sazaesan.com/

おしゃれすぎるサザエさんカフェ!

コンセプト

”Lien”…リアンとはフランス語で「絆」を意味する言葉です。桜新町というサザエさんに縁(ゆかり)のあるこの場所で人と人とが出会い笑顔になって再会を約束できるような、そんな誰かの「絆」となれるお店になりたいと思っています。サザエさんとあなたとちょっとやさしい気持ちになれる場所それがLien de SAZAESANです。(公式HPより)

(出典:http://blog.livedoor.jp/fank10jasu/archives/38495935.html)

店内

一歩店内に足を踏み入れると、店内にはおなじみのサザエさんのテーマ曲がジャズ調で流れています。

お店はナチュラルウッドで統一されていて、とても落ち着ける雰囲気。

窓にはタマとハチ(隣人の伊佐坂家の愛犬)が楽しげにお話ししている姿も。

壁はかわいらしく落ち着いたデザインで、45年の長い歩みを振り返ることが出来ます。

(出典:http://www.lien-de-sazaesan.com/index.html)

床にはタマの足跡が点々とあるので、是非たどってみてください。楽しい仕掛けが待っています。

トイレの中にもタマの足跡!

メニュー

カフェメニューでも、おいしいサザエさんワールドに浸りましょう♪

パンケーキやさしい甘さのふんわりパンケーキ。プレーン(100円)とはちみつ+ホイップクリーム、ジャム+ホイップクリームを添えたもの(各120円)があります。

↑生はちみつ+ホイップクリーム

 

サザエさん焼きサザエさん(チョコ、プレーン)、波平さん(小倉あん他)、タマ(カスタード他)の3種の形があります。

波平さんとタマには期間限定の味も登場するので、訪れたときに何があるか楽しみに出来ますね。桜クリーム、ピザ味、時には「もんじゃ」なんていう、東京下町らしいものもありますよ。

パンケーキもサザエさん焼きも自社養蜂園で収穫したはちみつを使用しています。こんなこだわりも見逃せないポイントです。

 

ソフトクリームバニラ、特選抹茶、ミックス(各350円)と生はちみつソフトクリーム(380円)の2種類。甘さをしっかり感じたい方は、はちみつをかけて食べてみましょう♪

(出典:http://lien-de-sazaesan.com/contents/menu.html)

↑生はちみつソフトクリーム

 

ソフトドリンク(アイス&ホット)…300円~450円。

アートカフェラテ(430円)がおすすめ!とぼけ顔(?)のサザエさんが見つめてくれますよ。

(参照http://lien-de-sazaesan.com/contents/menu.html

グッズ

レジの横にはサザエさんモチーフのグッズがたくさん!

サザエさん焼きキーホルダーがリアルで可愛い!

トートバッグ(1620円)とダブルウォールマグ(1944円)にはエンディングでおなじみのサザエさん一家のシルエットがデザインされてます。

(出典:http://lien-de-sazaesan.com/contents/goods.html)

おわりに

サザエさん通りを少し行き、交番を右へ折れた左手に『長谷川町子美術館』があり、そこのチケットの半券をカフェで提示するとドリンクメニューが50円引きになるというサービスもあります。

この足跡をたどった先(2階)には、タマがまーるくなっていますよ。是非確かめてみてくださいね(^^)/

Suponsored Links

おすすめ記事