『METROPOLITAN ROCK FESTIVAL(メトロポリタン・ロック・フェスティバル)』、通称『METROCK(メトロック)』。

2013年から行われている春の野外フェスです。

2019年も開催が決定したこの『METROCK2019』について、去年参加した大阪会場での写真や情報をもとに、詳細をお伝えしていきます!

2018年の詳細はコチラ↓

【METROCK 2019】詳細

1週目は大阪(2日間)で行われ、その翌週に東京(2日間)で行われます。

大阪会場

  • 05/18(土)大阪・METROCK 大阪特設会場(大阪府堺市・海とのふれあい広場)
  • 05/19(日)大阪・METROCK 大阪特設会場(大阪府堺市・海とのふれあい広場)

開場9:00 開演11:00(予定)

東京会場

  • 05/25(土)東京・新木場 若洲公園
  • 05/26(日)東京・新木場 若洲公園

開場9:30 開演11:30(予定)

チケット

  • 1日券:10,000円
  • 2日通し券:19,000円(先行販売のみの取扱い)

各チケットプレイガイド(チケットぴあ・ローソンチケット・イープラス)にて販売

荷物の預け入れ

会場内にクロークがあるので、荷物が多い人や、遠方から来ている方にとって便利ですね!

  • 使用料1,000円
  • 大阪8:00~、東京8:30~使用可能
  • 出し入れ自由
  • 70リットル(80cm×90cm)のビニール袋に入る荷物まで

駐車場、シャトルバスについて

公式サイトによると、会場周辺に一般駐車場はないそうです。

大阪会場では『南海堺駅』から、東京では『新木場駅』から無料シャトルバスが出ています。

シャトルバスの乗車にはチケットまたはリストバンドの提示が必要です。

私は途中から行ったためか、思ったより混んでいませんでした。

METROCK

それでも最寄駅(堺駅)から並んで乗って会場へ着くまで1時間弱かかりました。

  1. 堺駅→バス乗り場まで…歩いて約10分(誘導員が立っているので迷いません)
  2. バス乗り場での乗車待ち時間…約30分
  3. バスに乗って大阪会場まで…約10分

11:00に堺駅に友人と待ち合わせ、会場に着いたのは11:50ごろ。

会場に着くと、お目当てだったステージがちょうど始まったのでよかったです(^^)/

ちなみに、シャトルバスの立ち乗りはできません。

METROCK

オープンやスタートに合わせて行こうと考えている人は、より混雑が予想されるため、時間に余裕を持って行った方がいいかもしれません!

公式HP

http://metrock.jp/

Suponsored Links

参加アーティスト

メトロックでは、国内で若者中心に人気を集めているアーティストが多数出演します♪

フェス常連バンドや最近話題のアーティスト、大物アーティストなど、音楽好きにはたまらないラインナップになっています。

ほとんどのアーティストは大阪・東京の両方に出演しますが、どちらかの限定出演となる人たちもいます!

大阪会場

5月18日(土)

  • 打首獄門同好会
  • THE ORAL CIGARETTES
  • キュウソネコカミ
  • the telephones
  • 04 Limited Sazabys
  • BLUE ENCOUNT
  • 山本彩
  • go!go!vanillas
  • ミオヤマザキ
  • 四星球(大阪のみ)
  • sumika(大阪のみ)
  • ACE COLLECTION(大阪のみ)
  • Survive Said The Prophet(大阪のみ)
  • MY FIRST STORY(大阪のみ)
  • 赤い公園(大阪のみ)
  • THE BAWDIES(大阪のみ)

5月19日(日)

  • Official髭男dism
  • KANA-BOON
  • KEYTALK
  • SHISHAMO
  • Nulbarich
  • フレデリック
  • 夜の本気ダンス
  • King Gnu
  • [ALEXANDROS]
  • WANIMA
  • BRADIO(大阪のみ)
  • SHANK(大阪のみ)
  • あいみょん(大阪のみ)
  • dps(大阪のみ)
  • オメでたい頭でなにより(大阪のみ)
  • MOSHIMO(大阪のみ)

東京会場

5月25日(土)

  • KANA-BOON
  • KEYTALK
  • SHISHAMO
  • BLUE ENCOUNT
  • フレデリック
  • 山本彩
  • 夜の本気ダンス
  • [ALEXANDROS]
  • go!go!vanillas
  • 緑黄色社会(東京のみ)
  • The Wisely Brothers(東京のみ)
  • ハルカミライ(東京のみ)
  • レルエ(東京のみ)
  • UVERworld(東京のみ)
  • yonige(東京のみ)
  • ジェニーハイ(東京のみ)

5月26日(日)

  • 打首獄門同好会
  • Official髭男dism
  • THE ORAL CIGARETTES
  • キュウソネコカミ
  • the telephones
  • Nulbarich
  • 04 Limited Sazabys
  • King Gnu
  • WANIMA
  • フレンズ(東京のみ)
  • ヤバイTシャツ屋さん(東京のみ)
  • Saucy Dog(東京のみ)
  • SUPER BEAVER(東京のみ)
  • Hump Back(東京のみ)
  • FOMARE(東京のみ)
  • SIX LOUNGE(東京のみ)

上記は第6弾まで発表された全出演者です。

タイムテーブル

大阪会場

東京会場

大阪会場のステージは3つ!

2018年の大阪会場では、広い敷地内に3つのステージが設けられており、それぞれ交互にライブが行われていました!

BAY FIELD

(スクリーン2台の最も大きなステージ)

METROCK

GREEN HILL

(スクリーン1台で、背の低い人も後方の丘から全体が見渡せるステージ)

NEW BEAT SQUARE

(スクリーンなしの小さなステージ)

METROCK

大阪会場のマップはコチラ!(2018年)

(出典:http://metrock.jp/areamap/osaka.html)

3つのステージはすべて芝生。

METROCK

レジャーシートは限定されたエリアでしか広げられませんが、芝生にそのまま腰を下ろすことも可能です!

METROCK

芝生は虫が多くてイヤ!という方は、コンクリートの場所もあるので、そこからのんびりステージを見ることもできました(^^)/

METROCK

飲食ブースでフェス飯♪

毎年たくさんの飲食ブースが並び、どれにしようか迷います!

METROCK

行列が絶えない人気ブースでは、10~30分ほど並びます。

温かいものもあれば、かき氷などひんやりスイーツも♪

なかなかボリューミーなものも多く、これだけで1日中お腹いっぱい!

METROCK

グッズ販売は何時から?混雑具合は?

オフィシャルグッズやアーティストグッズの販売及びCD/DVDの販売は大阪8:00・東京8:30スタート!

去年私は、オフィシャルグッズ目当てに、13時過ぎに売り場へ出向きました。

在庫が残っているか不安でしたが、その時のオフィシャルグッズの売り切れはTシャツ2種類のみで、あとは大丈夫。時間的に並ぶこともありませんでしたよ♪

しかし、アーティストグッズの方では長い行列ができているところも・・・

有名どころは早めに買いに行くといいでしょう!

参加時の服装・持ち物について

5月は気温も天候も不安定で、朝晩の寒暖差も大きいです。

去年の参加日は、天気予報が雨だったにも関わらず実際は1日中くもり。

また、前日は29度もあった気温が、当日は最高で20度・・・

これらの変化に対応できるように、準備は万端にして行きましょう!

服装

半袖Tシャツやパーカー・短パンなど、野外フェスらしいスポーティな服装の人がほとんどでした。

しかし、大阪会場のすぐ横は海で、冷たい風がビュービュー吹いています。夕方以降は真冬のコートが着たいレベルでした・・・

半袖の人たちは、もちろん辛そうな顔で腕をさすっていました(^^;

 

気温に左右されると、せっかくのフェスも思い切り楽しめませんよね。

なので、5月のフェスは夏フェスと同じ格好で行くのはオススメしません!!

天気予報はあてにはならないこともあるので、日差しや突然の雨、朝晩の肌寒さなど全ての対策ができる服装を考えて行くのがいいでしょう。

特に上着は必須!昼は暑ければ腰に巻くなどしておけばいいと思います。

靴はスニーカーがマスト!天気も考慮し、歩きやすいレインシューズがあればそれがいいでしょう(詳細は以下に記載)。

必須な持ち物

チケット:とにかく忘れないように!笑

●飲み物飲食ブースでも売ってますが、ソフトドリンクは250円~、アルコール類は500円~。少し割高なので、あらかじめ持って行く方がお得です。(カン・ビンの持ち込みは禁止されているので、ペットボトルで)

●現金(会場までの交通費や飲食代・グッズ代など):ポケットへ入る小さめの財布を使用し、持って行く金額も最小限がいいでしょう。はしゃいだ際に落とさないように注意!

●スマホ写真撮影や、同行者とはぐれた時の連絡用に。基本電波は繋がりますが、人混みの中では圏外になることがあります。

あればいいかも?な持ち物

●レジャーシート

レジャーシートを敷いていいのは1カ所のピクニックゾーンのみでした。他のエリアでは禁止となっているので、バレたらスタッフに注意されるかも(-_-;)

また、飲食店の近くにはベンチがたくさんあり、少し待てばスペースが空きますよ。

私は一応レジャーシートを持って行きましたが、結局使うことはありませんでした(笑)

●レインコート

会場内では、傘の使用は禁止されています。雨の場合はレインコートを着用しましょう!

夜になると防寒対策で着ることもできます。

晴れた日なら日差しから守るために使えそうですね!

(スポンサードリンク)

おしゃれなものを着ると気分もアガります(^^)/

●レインシューズ

雨の日に安心なだけでなく、前日が雨などでぬかるんでいる地面を歩く時にも役立ちます。

フェスで1日歩き回ると土で汚れてしまいますが、防水機能がついていると汚れが落としやすいんです!

歩きやすいスニーカータイプのものがいいでしょう。

(スポンサードリンク)

レインシューズに見えないので普段から履けますよ♪

●防水リュック

リュックにも撥水加工があれば安心♪

(スポンサードリンク)


●日焼け対策グッズ

紫外線を1日中浴びることは肌に良くないので、日焼け対策はしっかりして行きましょう!

ちなみに、私は肌に日焼け止めを塗るだけだったため、目が真っ赤にやけてヒリヒリしました・・・。笑

サングラスやUVカットのメガネ・コンタクトがあればつけていった方がいいですね!

頭皮も紫外線でダメージを受けるので、帽子を持っていくのもいいかも。(風で飛ぶので注意!)

さらに、日焼け止めサプリなんかで体の内側からもUV対策ができたら完璧かと♪

スポンサードリンク)

●虫よけスプレー

特に芝生には色んな虫が飛んでいます。

長袖でも蚊に刺される場合があるので、素肌だけでなく衣類にスプレーするタイプのものもあれば便利!

●着替え

汗や雨によって濡れてしまった時の着替えもあればいいですね。

ただ、女性用の更衣室はあるんですが、男性の更衣室はなさそうでした。人気の少ない場所やトイレの個室で、といった感じなのでしょうか??

Tシャツは物販でも購入できます。

●タオル

こちらも物販で買えますが、お気に入りのアーティストタオルがあれば、それを持って行くのもいいですね♪

出演していないアーティストのタオルを首にかけている人も見かけました(笑)

●ティッシュ

フェスグルメを楽しむなら、手や口をふくためにティッシュまたはウェットティッシュがあると便利です!

混雑必至!?できる限り避けるには

朝一番から行く場合、シャトルバス・会場への入場・クロークの利用・グッズ販売など、どれも混雑しているのを覚悟してください。

また、最後の大トリをしっかり終わりまで観た場合も、帰りは大変です。

もうね、もみくちゃになります・・・笑

混雑をできる限り避けたい人は、

  • 入場や退場の時間をズラす
  • 荷物を最小限にし、クロークには預けない
  • 飲食ブースやトイレには、ステージのパフォーマンス中に行く
  • タクシーを利用する

など工夫してみましょう!

Suponsored Links

禁止事項

  • モッシュ・ダイブなどの危険行為禁止
  • ライブ中は、アーティストの撮影・録音など一切禁止
  • 雨傘・日傘の使用禁止
  • ピクニックゾーン以外でのレジャーシート禁止
  • 缶・ビン・クーラーボックスの持ち込み禁止

などなど!

詳しくは公式HPをチェックしてくださいね!

さいごに

2018年大阪会場での内容を参考にしているため、今年は内容が異なる場合があります。

去年は冷たい風の吹く肌寒い日だったので、今年は暖かい日差しの下で楽しめるといいなあ~(‘Д’)

2018年の詳細・レポはコチラ↓

おすすめ記事