Young asian woman sadly sitting on dry leaf in the forest alone

「どうして人に興味が持てないんだろう・・・」

「どうしていつも孤立してしまうんだろう・・・」

「人から変わり者だと敬遠されている・・・」

そういった悩みで苦しんでいませんか?

 

自分のせいだなんて、責めなくていいんですよ。

スキゾイドパーソナリティ障害(統合失調症質パーソナリティ障害)とは?

スキゾイド(シゾイド)パーソナリティ障害Schizoid personality disorder、SPD)は、「分裂病質人格障害」や「統合失調質人格障害」、「統合失調質パーソナリティ障害」とも呼ばれ、社会や対人関係に興味がない、感情の起伏がない、物事に興味関心がないといった性格を特徴とするものです。

統合失調症や対人恐怖症、回避性パーソナリティ障害などと似た特徴を持ちますが、それらとは異なるものとされています。

スキゾイド(シゾイド)パーソナリティ障害の人の特徴

  • 社会や他人に対する関心がない
  • 世間一般の価値観に合わない
  • 他者と関わる欲求がない
  • 異性との性的関係にも無頓着
  • 喜怒哀楽の感情表現が乏しく、表情の変化も少ない
  • 口数が少なく、言葉の抑揚がない
  • 孤独を選ぶ、自ら一人でいたがる
  • 親友と呼ぶような相手がほとんどいない
  • 少数の人間とのみ関わる
  • 人からの評価を気にしない
  • お金や名声に興味がない
  • 自分の外見に関心がない
  • 被害妄想に陥りやすい
  • 妄想や内省に没頭する

などといった特徴が見られます。(個人差があります)

 

周りの人からは、内気で大人しい、一匹狼、近寄りがたい、変わり者などといった印象を持たれがちです。友人が少なく、結婚をしない人も多いです。

 

しかし、以下のような特徴が見られる場合もあります。

  • 控えめで穏やかな性格である
  • 我慢強く、人に対する攻撃行為が少ない
  • 嘘をつかない
  • 仕事にコツコツ取り組み成果を上げる
  • 手先が器用で、芸術的センスに優れる
  • 感受性が豊か
  • 子どもや動物に懐かれる

基本的に人と関わることを避けますが、関わる人に対して誠実で優しく、人として魅力的な面を持ち合わせているんです。

他のパーソナリティ障害との違い

他のパーソナリティ障害と異なる点は、人と関わりたいと思っているかどうかによります。

回避性パーソナリティ障害との違い

回避性パーソナリティ障害の人は、心の底では人との関わりを求めているの回避してしまうという性質を持っているのに対して、スキゾイドの人は他者との関わりを本心から求めていません。

アスペルガー症候群との違い

スキゾイドの症状は、広汎性人格障害(アスペルガー症候群)とも似ています。

しかし、アスペルガー症候群の人も他者と関わりたいという気持ちはあるため、その点が相違点となります。

診断について

スキゾイドパーソナリティ障害における特別な検査はありませんが、DSM-IV-TR(精神疾患診断統計マニュアル)では、以下の項目の4つ以上を満たすことで診断が行われるとされています。

  1. 家族を含めて、親密な関係をもちたいとは思わない。あるいはそれを楽しく感じない
  2. 一貫して孤立した行動を好む
  3. 他人と性体験をもつことに対する興味が、もしあったとしても少ししかない
  4. 喜びを感じられるような活動が、もしあったとしても、少ししかない
  5. 第一度親族以外には、親しい友人、信頼できる友人がいない
  6. 賞賛にも批判に対しても無関心にみえる
  7. 情緒的な冷たさ、超然とした態度あるいは平板な感情

Suponsored Links

原因

発症する明確な原因はわかっていませんが、主に2つが挙げられます。

  • 遺伝要因:DISC-1遺伝子の保因(統合失調症や社会的無快感症に関する遺伝子)
  • 環境要因:幼い頃に、周りの大人から否定や干渉などを受け続け、意志を持つことを諦めてしまう 等

スキゾイドは小児期早期に発症することが多く、その後一生涯続くとは限りません。

また、男性に多く、男女比は2:1ほどといわれています。

治療方法

本人は、このパーソナリティ障害が自分の性格であると受け入れ生活することも多いため、カウンセリングや診療を受けに行く人は少ないですし、日常生活に問題がなければ治療を行う必要もありません。

ですが、人との関りが求められる環境などで強いストレスを受けると、統合失調症や妄想性障害,うつ病など他の精神病の併発につながる場合もあるため、こじらせてしまうと厄介です。

スキゾイドの治療方法としては精神療法と薬物療法がありますが、効果には個人差が生じます。

  • 精神療法:精神療法では、人との信頼関係が築ければ有効になる場合があります。例えば集団療法では、次第にメンバーや治療者などと信頼を築くことができれば、本人にとって社会と関わりを持ついい機会になるでしょう。
  • 薬物療法:抗うつ薬や抗精神病薬、セロトニン作動薬が有効な場合があります。ベンゾジアゼピン系の抗不安薬が、社交場面での不安感を取り除くために有効な場合もあります。

セルフケアや周囲の関わり方について

スキゾイドの人が職に就く場合は、人との関りが少なく黙々と取り組めるような仕事内容であるとストレスを最小限に抑えられるでしょう。また、自分の感性を表現できるような趣味を持つこともおススメです。

 

周囲の人たちは、彼らとの距離をうまくとっていくことが重要になります。親密さを求めることや、プライベートに踏み込もうとする行為は、彼らにとって負担になることがあります。世間一般の価値観をはめ込まず、「この人はこの人だ」と受け入れてあげることが大切です。

まとめ

スキゾイドの症状や原因などを知り、あなたはどう感じましたか?

 

「私はここまでじゃないな・・・」

と思える人もいれば、

「自分にかなり当てはまるかも・・・」

と感じた人もいるかもしれません。

 

どちらにせよ、悩みは一人で抱え込んではいけませんよ。

 

生きることが苦しくてどうしようもない時には、カウンセリングの利用や医療機関への受診など、周りをしっかり頼ってみてください。

Suponsored Links

おすすめ記事