都内に4店舗、大阪に2店舗展開する雑貨店『DULTON(ダルトン)』

『便利ではないかもしれないが、心に豊かさを感じさせるものを創っていこう』DULTONは1988年の創業からこの想いを持って展開している雑貨屋さんです。

カフェ風のアイアン製家具、女性が憧れるキッチン用品など、自信を持って集めたアイテムが多数ラインナップされています。

ごちゃごちゃとした店内に入ると、思わずワクワクしちゃうとびきりの空間が待っていますよ(^^)/

今回はギリギリ東京?にあるD.F.Service Machida(ダルトンファクトリーサービス町田)さんへお邪魔してみました。

Suponsored Links

D.F.Service Machida】詳細

address : 東京都町田市鶴間7-6-1

telephone : 042.788.3480

open : 11:00~20:00

close : 年中無休※年末年始を除く

HP : https://www.dulton.co.jp/stores/machida

Web shop : https://www.dulton.jp/onlineshop/

parking : 8台+提携4

(出典:https://www.dulton.co.jp/blog/machida/detail/20

大きな倉庫の中は…

こちらは旧246通りに面した倉庫を改装した巨大な建物で、店内は所狭しと細々したものから大きなモノ、中にはクルマまで様々な商品が文字通り積み上げられています。

ブランドロゴの付いたオリジナル商品やめちゃくちゃマニアックなセレクト商品まで、目に写る光景はただただワクワクして時間を忘れそう!

全てマグネットがついています。マグネットピンチ、便利そう!

いろいろなサイズと色味の異なるクリップ。

何入れようか考えるだけでも楽しいカラフルな缶。

見ていて落ち着くグリーンたち


魚型のメジャースプーン。こちらはセットですが、バラ売りもありました。

カエルのティーサーバー。

カラフルなお皿。料理を美味しく演出してくれそう!

このボックスは蓋部分がフラットなので、テーブルにも使えそうですね。

DIY愛好者の方にも

フックやブラケット、ノブ、ペイントブラシ、足場板、バーンウッド、サビトタンなどの簡単なDIYアイテムから本格的に改築される人に向けた商品まで幅広く取り揃えているのも特徴の一つです。

店内には商品の他に、ディスプレイの提案スペースもあります。またお店の広さを利用して直営店兼ショールームでもあるので、オリジナルアイテムや新作をいち早くチェックできるところもgood

オンラインショップでチェックした商品が実際に手に取れるので、是非足を運んでみましょう。

 

引き出しのつまみ。

アイアンのアルファベット。

アイアンプレート。

ずっしりとした重厚感のあるアイアンフック。意外とリーズナブルです。

こ、こんなものまで…!?

店内にはランドクルーザーが飾ってあります。こちらももちろん販売商品だとか!

前回展示したランクルは、展示後すぐにオーナー様の元へ嫁がれたらしいです。

ちなみに↓は229.8万円。

シートはこんな感じ。おっしゃれ~!

出典:https://blog.flexdream.co.jp/landcruiser/article/44958/)

さいごに

『魂をぶちこまれた普遍的なものは永久に文化として残るという信念を持っています』と、ショップの方がお話しくださいました。ヨーロッパでは長く家具を愛する風習がありますが、それに近い考えなのかもしれませんね。

店は東京の他に大阪にもあるので、関西の方も足を運んでみてください(^^)/

また、こちらのショップでは年に一度、11月にセールをしているそうで、いつもの商品がよりお買い得に手に入りますよ♪

Suponsored Links

おすすめ記事