Lifestyles Of Health And Sustainability「健康と持続可能な社会に配慮したライフスタイル」の英語の頭文字を取った略語、「LOHAS(ロハス)」。

淡路島、大阪、福岡、広島、神戸、東京の5都市8会場で繰り広げられているイベントで、第1回は大阪で12年前に開催されたそうです。

東京では記念すべき10回目の開催となる【ロハスフェスタ東京2018】に行って来ました~♪

東京会場の様子と、他会場の情報もお伝えします(‘◇’)ゞ

【ロハスフェスタ東京2018】詳細情報

開催期間:2018年9月15日~17日

10:00~17:00 雨天決行(荒天を除く)

※2019年の開催日程はまだ未定ですが、毎年9月~10月の開催が多いです。10月には近隣の他イベントがあるため、来年度も9月に開催される可能性が高いかと思います!

入場料:350円(中学生以上)

※障害者手帳をお持ちの方は、本人と介助者1名無料

アクセス光が丘公園 芝生広場

住所:東京都練馬区練馬区光が丘2・4丁目、旭町2丁目、板橋区赤塚新町3丁目

  • 都営地下鉄大江戸線「光が丘」駅から徒歩約8分
  • 東武東上線「成増」・東急メトロ副都心線「地下鉄成増」・東京メトロ有楽町線「地下鉄成増」駅から徒歩約15分

駐車場:あり(300円/1時間、以降30分毎に100円)

※フェスタ期間中は早々に満車になってしまうので、公共の乗り物で行くのがオススメです。

駐輪場:あり(無料)

※会場近くに設けられていますが、長い行列が出来ていた場合、入り口近くの駐輪場に置いてから最後尾まで歩かなくてはならないので遅めの時間に行かれる場合はオススメしません。

HP:http://event.lohasfesta.jp/

(出典:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map023.html)

Suponsored Links

鉄則!会場には早めに行こう

光が丘駅A3出口~階段を上り、右へ。歩行者専用の橋になっているので安全に芝生広場へ行けます。

なんとなく人の流れが出来ていて、芝生広場近くで「最後尾」の看板を発見。このときの時間は9:50。けやきひろばを抜けたあたりが最後尾でした。

入り口まで約300メートル、開場まではあと10分ほど。のんびり待ちましょう。

レジャーシートやテントなどを持っている人を多く見かけます。子ども連れはほぼ100%持参されています。中が公園なのでピクニックをかねて行かれる方が多いみたいですね(^^)/

途中の銀杏並木には銀杏が実を付けているものもあって秋を感じられました。

200店以上のショップエリア!

こちらで入場券を購入して中へ入ります。

入場券は再入場の際必要となるのでなくさないように。万が一なくしてしまった場合は、手にスタンプを押してもらえます。

「オシャレにかわいくエコを実践しよう」というスローガンの元、集まった出展者は200以上手作り雑貨やクラフト、服飾や植物などを扱ったお店が園内にぎゅぎゅっと集まっています。

(出典:http://www.lohasfesta.jp/shoplist/tokyo2018/map/tokyo2018_map.jpg)

多肉植物を扱ったお店が多いです。

どの子もカワイイ~♪

カット苗をこんなにたくさん販売しているショップも。

こちらは無垢の木を使った木箱屋さん「nico wood factory」。見ているだけでsmileに。

こちらはかすみ草ショップ「ひまぐら」さん。流行のハーバリウムの材料となるドライフラワーがたくさん売られていました!

やきもの雑貨「piico」さん。カワイイ動物のお皿がたくさんありました。

アクセサリーやバッグを扱う「Bonny Casket」さん。秋色が目立ちます(^^)/

インテリア雑貨を扱う「+garden」さん。肉球足跡がカワイイ~!

似顔絵「カテイトエ」さん。ご夫婦で似顔絵を描いていらっしゃるイラストレーターさんのショップです。

ファーのついたカゴバッグを扱う「Brignton」さん。これからの季節にいいなと思う品揃えです。

ドライフラワーやフェイクフラワーを使ったアクセサリーが並ぶ「Original Color」さん。練馬は地元だそうです。

子ども連れでも安心♪

会場は芝生が多く、シートやテントを敷いてゆったりと過ごす家族連れが多く見られます。そして小さなお子さん連れでも安心できるスポットが各所に設けられているところも家族連れに人気のポイントかも。

こちらは授乳スペースとおむつ交換室。

中もなかなかゆったりと作られています。

こんな感じで場所取りして思い思いに楽しむ家族がたくさん見られます。

フードエリアへ!

あちこち見て回ってちょこちょこと買い物をしたらそろそろお昼の時間。会場の隅からはそそられる香りが。今回はカレーパンまつりも同時開催されていました!

こちらは11:00の開始にあわせ、結構な人数が並んでいました。家族連れの方はお父さん達がこっちの行列に並んでいるような感じ。連係プレーですね。

カレーパンにはこんなにたくさんの種類が!

東京や近郊からの出店が目立ちますが、愛知、滋賀、大阪、兵庫、広島、長崎、福岡からの出店も。過去にグランプリを獲得したカレーパンも分かりやすく表示されています。

王道から変わり種まで盛りだくさん。個人的にはりんご酵母の焼きカレーパンが食べたい!

人気のパンは早々に売り切れるので早めに並びましょう。

 

こちらは京都から参戦の「喜久屋」さん。食べ応えの大きな唐揚げが一串に3個刺さった「龍馬の唐揚げ」を売っています。

ごろごろと大きくてジューシーな唐揚げが美味しかった!

 

ドリンクショップ「GOODTIME BRUNCH COFFEE」さん。

コーヒースムージーとパイナップルスムージーを飲みました。

ロハスなフェスタなので、マイバッグはもちろん、マイ食器持参が基本です。

私はカップを持参しなかったので、カップは現地調達することに。ドリンクにプラス100円でお持ち帰りにできます。

 

ゴミはこちらで分別し、

完備されている洗い場で、食器を洗って持ち帰ります。使用されている洗剤はヤシの実洗剤。あくまでも地球に優しくがモットーです♪

「お支度セット」なるものも販売しています。こちらは1,000円。

箸、スプーン、ストロー、ビニール袋の無人販売所もあり、いずれも一つ10円です。

持参する場合は、こちらに記載してあるおすすめ持参アイテムを参考にするといいですね↓

さいごに~今後の開催情報~

 

今回のロハスフェスタの参加ショップは200以上あり、紹介しきれないほどの魅力的なブースが盛りだくさんでした!

ワークショップも34種あって、その中でも大人気だったのが多肉植物の寄せ植え。その他にはハーバリウムやアクセサリー制作、コースターやバッグのステンシルなどがあり、年齢問わず楽しめます(^^)/

公園内は広いので、シートやテントを広げ、思い思いにピクニック気分の家族連れもたくさん。

秋の穏やかな1日をゆったりと心豊かに過ごせるイベントです(*´ω`)

 

ちなみに広島・南港・東京での開催は終了しましたが、他の会場はこれから開催されるので、チェックしてみてくださいね♪

【ロハスフェスタ 淡路島】

  • 2018.10.6[sat]~10.8[mon]
  • 2018.10.12[Fri]~10.14[Sun]

【ロハスフェスタ 万博】

  • 2018.11.2[fri]~11.4[sun]
  • 2018.11.9[fri]~11.11[sun]

【ロハスフェスタ 福岡】

  • 2019.3.21(thu)~3.24(sun)

(出典:http://event.lohasfesta.jp/

Suponsored Links

おすすめ記事