シンガポールに行くなら、誰もが憧れるホテル『マリーナベイサンズ』に泊まりたくないですか!?

 

一度は泊まってみたいけど、5つ星ホテルだし高いんじゃないの…?

そんなあなたへ!!

 

デラックスルーム』なら最安値でお手軽に泊まることができます( `ー´)ノ

宿泊者限定のプールにも行け、展望台入場料もタダに!

 

泊まるだけでお得がいっぱいの『デラックスルーム』について、詳しくご紹介しますね♪

Suponsored Links

チャンギ空港からマリーナベイサンズへ

朝の5時半ごろにチャンギ国際空港へ着き、そのままホテルへ向かうことに。

MRT(地下鉄)でマリーナベイサンズのある「ベイフロント駅」へ。

タクシーだとおよそS$30(30シンガポールドル、約2,420円)と、日本に比べては安いですが、MRTだとS$2.2(約177円)ともっとお得に行くことができます!

 

初めての国で切符(ICカード)の購入や乗り換えはややこしかったですが、それも経験( `ー´)

(MRTでの詳しい行き方はこちら

 

1時間弱で「ベイフロント駅」に着き、ホテルに直結した通路があります。

Marina Bay Sands」の表記に従い歩いていきましょう!

ホテル内のショッピングセンターを通り抜け、「タワー1」を目指します。

デラックスルーム宿泊者がチェックインできるのは、タワー1かタワー3です。

ちなみに日本語専用のチェックインカウンターが同じくタワー1にありますが、受付が10時からだったので、通常のチェックインカウンター(Registration)へ。

運よく日本人のスタッフが対応してくれ、スムーズでした♪

 

15時からのチェックインでしたが、7時ごろに着いてしまったため荷物の預かりだけ頼もうと思っていたのですが、

もう部屋が空いていてチェックインできますよと、部屋のカードキーを渡してくれました!

ラッキー!(^^)/

(チェックインについて詳しくはコチラ

 

マリーナベイサンズの部屋タイプについて

マリーナベイサンズには、スタンダードな部屋はもちろん、スイートルーム、クラブルーム、ファミリー向けなど、12種類もの多種多様な部屋タイプが用意されています!

(ルームタイプ詳細はコチラ

 

その中で、一番安く泊まれる部屋が『デラックスルーム』です♪

窓からの景色によって、

  • ガーデンビュー(10階から39階、ガーデン側)
  • ハーバービュー(40階以上、海側)
  • シティービュー(19階から39階、市街側)
  • スカイビュー(40階以上、市街側)
  • バルコニー付き低層階(2階から9階)
  • 床から天井までの窓付き低層階(2階から18階)

の6種類から選択できるそうですが、

下階層の部屋やガーデンビュー側の部屋が最も安く泊まれます!

公式サイトでの2018年7月1日~7月2日1泊分の参考料金)

 

例えば、下層階の部屋(32,154円)に2人で宿泊したら1人あたり約16,000円!!

高級ホテルとは思えない値段ですね♪

 

このデラックスルームの下層階、一体どんな部屋なのか・・・?

 

実際に泊まってみたレポが、以下になります(‘◇’)ゞ

 

マリーナベイサンズのデラックスルーム!

チェックインを終え、宿泊者限定のエレベーターへ。

カードキーをかざしてからボタンを押すと、動きます!

私が泊まったのは8階。

初めて部屋に入る瞬間ってワクワクしますよね!

カードキーをかざしてドアを開けると、部屋のカーテンが自動で開きます!

思わず「おぉ~っ( ゚Д゚)!」と感動(笑)

一番下のランクの部屋とはいえ39平米あり、思った以上に広い!そして綺麗!!

ベッドは「キング1台」か「ツイン2台」で選べます。

カーテンは手動では動かせず、ベッド横の証明スイッチの横で開閉可能!(一番右)

ミネラルウォーターもサービスでついていました。

ベッド前にある42インチの薄型テレビでは、日本語のままNHKを観ることもできます。

その横には鏡付きのワークデスク。

窓際にはおしゃれなソファ。

水回りはというと、洗面台がどーんと構えてます!

右手にあるシャワールームはガラス張りで広々としてます。

デラックスルームにはバスタブがありませんが、これで十分。

トイレには、内線がついていました。

けどドアがなくて、なんだか恥ずかしい。笑

 

クローゼットには、使い捨てのスリッパと、バスローブ。アイロンとアイロン台も。

プール後の水着を乾かしたり、翌日着る服をかけておくためなんかに、

たくさんのハンガーは役立ちました(‘◇’)ゞ

ポットに、ティーカップ

引き出しを開けると、ワイングラスがオシャレに収納されていました!

金庫やドライヤー、スタンドミラーなどは、クローゼットの横に。

 

窓からの景色も、いい感じです♪

8階なのでそんなに高くないですが、『ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ』の大きなツリーがはっきり見えます!

ちなみに窓は空きませんでした。

 

写真に撮り忘れましたが、夜プールに行って部屋に戻ると、浴衣と紅茶のティーバックと、お菓子が各ベッドに置かれていました。

 

ルームサービスは24時間利用可能で、ホテル内で使える無料のパス付Wi-Fiも!

 

しかし、いいところばかりではありません(><)

個人的に気になった点もいくつか。

  • シャワーが上に固定されていて流しにくい
  • シャワーの水温調節レバーが固い
  • シャンプー・コンディショナー・ボディソープがチューブ式で使いづらい
  • タオルを掛けられるバーがシャワーの前にあり、濡れてしまう
  • 洗面台の水はけが悪い
  • ヘアブラシが1本など、人数分ないアメニティが多い(バスローブやタオル、歯ブラシは人数分あり)
  • 歯ブラシのサイズが大きくて磨きにくい
  • トイレ専用のドアがない
  • バスローブはなんかゴワゴワして重い
  • ベッドサイドに2つコンセントがあるが、片方が接触不良
  • 冷房が効きすぎていて寒い(部屋だけでなくホテル全体が)
  • 加湿器のレンタルはなく、乾燥しないようエアコンを切って寝ると、暑さで起きる(笑)

 

特に水回りが気になりましたが、いいホテルにお手軽に泊まれたので、結果的に満足です(*´ω`)!

 

マリーナベイサンズ施設紹介

ホテル内にはたくさんの施設があり、ホテル内だけで一日過ごせるレベルです!

その一部をご紹介しますね♪

 

まずは、お買い物ならここ!

高級ショップが立ち並ぶショッピングモール『ザ・ショップス』。

モール内には小さな川が流れていて、小舟に乗ることもできます(『サンパン・ライド』)。

なんて優雅な・・・笑

 

Rasapura Masters(ラサプーラマスターズ)』というフードコートには、たくさんのお店が並んでいます!

日本のラーメン店『一風堂』には行列ができていました(笑)

私は中華屋さんでチャーハンを注文。

ふつーにおいしかった♪

お昼時は激混みで、席の確保に時間がかかりました!

 

大人な雰囲気漂うカジノ

入り口に人が並んでいて、大人気でした♪

私は見ただけで中には入りませんでした(>_<)

 

そして、この57階にある展望プール『インフィニティ・プール』はシンガポールの有名スポットで、マリーナベイサンズ宿泊者のみが入ることができる場所です!

このプール目当てに泊まる人が多いそうです♪

このプール、どうせ入るなら一番オススメしたい時間帯があるんです♪

詳しくはコチラ↓

 

その横にある『サンズ・スカイパーク(展望台)』には入場料が必要ですが、これも宿泊者はタダ!!

プールと同じく、部屋のカードキーを提示すると入ることができます。

関西人はタダに弱い・・・(*´Д`)笑

シンガポールの景色を360度楽しむことができます♪

 

マリーナベイサンズ限定のお土産は、56階展望デッキと、タワー2の1階にあるショップで購入することができますよ!

Suponsored Links

おすすめ記事